デイサービス

デイサービス リハビリハウス 陽和縁 ひよりえん

陽和縁のサービス
デイサービス リハビリテーション 通所介護のご紹介

陽和縁

陽・和・縁。語源に込めた想いと
独自のリハビリを展開いたします。

陽:太陽は感謝の源、自然の恵み。感謝の心で皆様を照らせますように。
和:その陽により、癒され和んでいただきたい。平凡な一日こそ幸せな日。
縁:何事もご縁あってこそ。身の回りで起こるすべてことは意味があってこそ。
皆様が日々、朗らかに笑顔で過ごせるよう、居心地の良い空間づくりと
楽しいリハビリテーション、そして自立支援のための個別プランを提供しています。

外観

お客様の居心地の良さ、使いさすさを考えた設備をご紹介いたします。

陽和縁の取り組み

目標をたてて皆さまと一緒に
取り組んでいきます!

  • 理学療法士2名
  • 言語聴覚士1名
  • 介護福祉士3名
  • 介護職5名
  • 事務1名
  • 平成28年7月現在在籍
一人で散歩したい… 自分でトイレに行きたい… 孫と遊びたい… 階段を登れるようになりたい… 〇〇〇したい…

利用者さまにあわせて
それぞれに目標をたて、
その目標を達成できるよう
一緒に取り組んでいきます。

ご利用までの流れ

1

まずは施設の見学、体験(要相談)にて実際の雰囲気を体感して頂きます。こちらまでお気軽にご相談下さい。

2

次にご自宅にてご利用のご契約を行います。
このとき、ご自宅の生活環境(段差などの危険な箇所がないか)を理学療法士が評価します。

    理学療法士が評価をする項目
  1. 段差や敷居、手すりの有無や必要性などの家屋環境
  2. ご利用者様の生活動線(転倒の危険がないか)などの生活環境
  3. ご利用者様の家庭における役割(家事や孫の世話など)
  4. ご利用者様の楽しみ、趣味(生活の質)
これらの情報を元に
目標を立てて個別に
リハビリを行います。

実際のリハビリの取り組み

  • 生活リハビリ自宅環境に合わせたリハビリ
  • 機能訓練力をつけるリハビリ
  • 疼痛除去リラクゼーション
  • ポラリスカイネ(電気治癒)ポラリスカイネ
    (電気治癒)
  • ホットパックホットパック
  • メドマーメドマー
  • KTテープKTテープ
  • EMS機器(低周波電気治療)EMS機器
    (低周波電気治療)
  • リハレク(リハビリレクリエーション)
  • バランス1バランス1
  • 介護職と理学療法士により
    リハビリの要素をふんだんに
    盛り込んだレクリエーションを
    楽しみながら行えます

一日の流れ 午前中利用(現在、病院のリハビリに外来通院しているが送迎のあるリハビリを利用したい。)9:00送迎、来所、体調確認(血圧、脈拍、体温など)、入浴(完全個室)、リハビリ 12:00昼食、休憩 午後利用(デイサービスに行くほどでもないけれど、リハビリはしたい。楽しみながらリハビリしたい。)(短時間のリハビリテーション枠となっています。)14:00集団リハビリ、リハビリテーションレクレーション(リハレク)、リハビリ 15:00おやつ、休憩 16:30帰り送迎 ※リハビリは1ご利用につき1回です。

このような希望のある方、是非ご相談下さい!!
生活スタイルやご希望に合わせたご利用が可能です。

目標の設定

STEP UP方式で個人の自立を支援! たとえば目標が「歩いてトイレに行く」の場合 STEP1起き上がり STEP2トイレ動作) STEP3歩ける(必要なこと 1おなかの筋肉を鍛える 2腕の筋肉を鍛える 3体重を減らす 4からだを起こすタイミングを覚える 目標達成!!(プログラム1腕上げ練習 +肩こり解消、運動習慣を身につける)

通常規模型通所介護費 定員:23人 振り替え利用:基本的には不可(要相談)

通常規模型通所介護費 定員:23人 振り替え利用:基本的には不可(要相談)

要介護1 380単位 572単位 656単位   要介護2 436単位 676単位 775単位   要介護3 493単位 780単位 898単位

要介護4 548単位 884単位 1,021単位   要介護5 605単位 988単位 1,144単位

入浴介助加算 50単位   個別機能訓練加算Ⅰ 46単位   個別機能訓練加算Ⅱ 56単位   口腔機能訓練加算 150単位(2回/月限度)

サービス提供体制強化加算(Ⅰ)イ 18単位   介護処遇改善加算Ⅰ 所定単位数の40/1000(4%)

PAGE TOP